So-net無料ブログ作成
検索選択

辛坊治郎 太平洋横断 目的 [芸能]

スポンサーリンク




辛坊治郎さんの太平洋横断の目的は何だったのでしょう?

ズバリ、「ブラインドセーリング」プロジェクトという企画、つまり仕事が目的だったのです

太平洋横断は辛坊治郎さんのプライベートだったという噂もありましたよね。

では目的であった「ブラインドセーリングプロジェクト」とはどのようなものだったのでしょう。


「ブラインドセーリングプロジェクト」とは、ブラインド(盲目)セーラーの岩本光弘と

ニュースキャスターの辛坊治郎が、日本国福島県いわき市・小名浜港から

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴまで、およそおよそ8200km、間寛平が

アースマラソンの時に使ったヨット・エオラス号で帆走する企画であった。

企画・発案はアースマラソンのサポートスタッフでもあった比企啓之によるもの。

辛坊治郎さんは2012年6月にこの話を受けた。

岩本さんはもともと世界ブラインドセーリング大会日本代表などとして活躍した人物で、

若い時からヨットでの太平洋横断することを夢としており、同じ夢を持つ辛坊と

意気投合しパートナーとなった。 全盲者と健常者のダブルハンドでの太平洋横断挑戦

は世界初とされていた。

出発前に辛抱は「主役はHIROさん(=岩本さん)。私は海の盲導犬。

故障が起きた時に治すのが私の仕事」と自分の位置づけを語り、

「全部の機器が正常に動けば、HIROさんのシングルハンド(単独での航海)でもできる。

ただ、故障が起きた時に一人だと難しい」と、自分が同行する理由を説明したていた。



これが太平洋横断の目的です。ただ、あまりマスコミでも騒がれることもなく、

事故だけがクローズアップされる結果となってしまいまいた。




辛坊さんヨット遭難 「海の藻くずでと消えた金額」



救助の燃料費だけで500万円!と推測され、無事で何よりだが、釈然としない。

 

こんな意見も出ています。

事故の全容は下記のようなもの。

太平洋横断を目指していた辛坊治郎さんと全盲のセーラー岩本光弘さんの

小型ヨットが浸水し、遭難した。6月16日に福島・小名浜港を出発し、8月10日頃に

米西海岸サンディエゴに到着する予定だったが、1週間足らずで沈没。

 

辛坊さんらが海上保安庁に「SOS」を発信した21日早朝から、救助されるまで約半日。

まるで映画「海猿」さながらの救出劇が繰り広げられた模様。



「2人の救助には海保だけじゃなく、海上自衛隊も出動しています。

海保はジェット機と巡視船『ざおう』を宮城県から約1200キロの太平洋上に向かわせ、
海自もP3C哨戒機と救難飛行艇US2を飛ばした。ところが悪天候で燃料切れ、

1回目は2人の無事を確認して引き返し、改めてもう1回、2機を派遣しています」
(防衛省関係者談)



ようやく2人を救助。海保や海自など公的機関の救助活動にかかる費用は、

税金から支払われる。遭難者には請求されないのだ。

辛坊さんは「救助に税金を使って反省しなければ」と謝罪。

では、一体いくらかかったのでしょう?



「海保のジェット機は、往復2400キロとして燃料費が100万円前後ってところでしょうか。
海自を含めて計5機飛ばしているので、燃料費だけで少なくとも400万~500万円はか
かったはずです」(軍事ジャーナリスト談)

 

人件費を除いてだ。



「今回の太平洋横断は、ヨットを所有している吉本グループ元社長の呼びかけに岩本さん

が応じたところから始まった。ただ、全盲の岩本さんひとりでは機材も高額になって

億単位のカネがかかるというので、元社長が、大学からヨットを始めたという辛坊さんを

口説いたんです。機材などはスポンサー提供で無料とはいえ、最新の通信機器だけで

1000万円は下らない。破棄されたヨット本体なども含めたら、まあ、数千万円は

海の藻くずと消えたんじゃないですか」(事情通談)


6月23日辛坊さんは大阪の自宅に到着、週明けに聞き取り調査の運び。

深夜の会見で辛坊氏は「自らを省みる時間が必要。仕事は白紙」と話し、

コメンテーター休業も示唆している。


さすがの辛坊治郎も精神的にも、肉体的にもダメージは大きかったようですね。


スポンサーリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。